かんたんカルトナージュ Only one box


武蔵野市で「かんたんカルトナージュ」のレッスンをしています
by only_one_box
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

かんたんiPhoneケースの作り方

c0331247_21231865.jpg



昨日ご紹介した「かんたんiPhoneケース」の作り方です。
種明かしをしますと、100均の透明のケースの中にセットするシートを作るのです。


用意するものです。
c0331247_20544587.jpg


・100均のiPhoneケース
 透明の物です。ソフトタイプもありますが、私はハードを使っています。
・ケント紙 #160くらいの厚さの物がちょうどよいです。
・生地 リバティまたは同じくらいの厚さの物。
・木工用ボンド 速乾でない物。塗りにくい時は少し水で伸ばします。
・ハケまたは筆 100均の物で充分です。
あとは、ハサミ、カッター、定規、マットなど。

c0331247_20491416.jpg


① ケースのサイズに合わせてケント紙を切り、四隅を丸くカットします。
② ①を少し大きめの生地に貼り、ケント紙に合わせて周りをカットします。

c0331247_20522261.jpg


③ 一度ケースにセットして、カメラ用の穴をマジックなどで縁取りします。
④ カッターで切り抜きます。

はいっ、これで出来上がりです(^^)v

この透明のケースの内側に生地を貼ってみた事もありますが、面倒でした。
外側に貼ったものもオークションなどで見かけますが、やはり面倒だし汚れてきます。
この方法なら簡単に作れ、汚れたらカバーを取り換えるだけでずっと使えます??
さらに着せ替えシートは1つ50円もかからないで作れるので、たくさん用意しておけば着せ替えが楽しめます。
1つ難点は、裏面だけでサイドには柄が出ないということ。まぁこれは作る楽さを考えたら許せるでしょう。

この透明のケースは本来そのままiPhoneに装着するものですので、それにケント紙と布の厚みがプラスされるわけですから、生地の厚さはリバティくらいでないと入りづらくなるかと思われます。
もちろんiPhoneでなくてもお使いのスマホに合う透明のケースが手に入れば他の物でも作れます。でも100均にはiPhone用しかないのよねー。

いいなと思った方は、ぜひ作ってみてくださいね??

c0331247_2123039.jpg



今日もご覧いただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。いいなと思ったらポチッとしていただけると嬉しいです。
(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ
にほんブログ村












[PR]
by only_one_box | 2015-04-12 21:28 | カルトナージュ作品 | Comments(0)
カテゴリ
※作品(オリジナル)の営利目的での模倣はご遠慮ください。


Instagram
以前の記事
記事ランキング
画像一覧
最新のトラックバック
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
ブログジャンル